カナダ産大豆の競争優位

カナダは世界の中でも、最高品質の大豆の生産に最も適した環境を誇っています。作付けから収穫・その後の過程にいたるまで、世界の水準を上回る最高品質の大豆を安定的に供給する体制が整っています。

優れた生育環境

カナダは、新鮮な空気・肥沃な農地・きれいな水が豊富なことから、世界の羨望の的となっています。広大で深部まで肥沃な土壌のおかげで大豆はしっかりと根付き、食用・加工用大豆とも、豊かに実ることができます。

農家は高度な技術と知識を駆使して、土壌を守りつつ、カナダの自然がもたらす利点を有効活用して大豆を生産しています。最新の農機具や技術に投資を行うことにより安定的に単収を維持し、低耕起栽培・計画的輪作・健全な病害虫管理により肥沃な土壌を保全しています。また、官民のアグロノミストや農作物専門科学者による農家の支援体制が整っており、播種・施肥・病害虫管理・収穫等の最適な方法について農家にアドバイスを行っています。

先進的品種開発プログラム

高品質は品種開発段階から始まります。カナダでは、大学・政府機関・種子会社等の官民の研究機関が海外のお客様の要望に合った特徴を持つ大豆を開発しています。圃場試験を繰り返し、厳しい基準に基づく選抜を行うことにより、最高品質の品種のみが新品種として登録され商業生産されます。

各国の基準を満たす大豆

カナダの品質保証・証明制度は世界の中でも最高水準を誇っています。カナダ穀物委員会 (CGC) が徹底的に試験・モニタリングを行うことにより、高品質・安全性、及び輸入国の遺伝子組み換え規制基準を満たすことを保証しています。

CGCは毎年、カナダ全国で生産される全ての主要な穀物・大豆の収穫時の品質の評価結果を収穫・輸出品質報告書として発表しています。これは、農家が提出したサンプルを科学的に分析することにより、各生育地域・作物年の全体としての品質をモニターするものです。

カナダはまた、世界で最も統合されたIP システムを持っています。このシステムに基づき、食用大豆・特殊大豆の生産から流通まで徹底した分別管理を行い、お客様が指定した大豆を間違いなくお届けしてきた、比類なき実績を誇っています。

信頼性が高く、準備万端なインフラ体制

世界でも最大規模の食料生産国として、カナダは穀物の物流インフラに多額の投資を行ってきました。この結果、迅速で高効率かつ信頼性の高い輸出物流体制が整備され、お客様に価値の高い大豆を妥当なコストでお届けすることが可能となっています。

穀物会社は、大規模エレベーター・内陸ターミナル網の拡張を常に行っており、これらが道路・鉄道網によって海岸の港とつながっています。これらの何百もの近代的かつ高性能の穀物エレベーターは、大量の大豆を保管・取り扱う能力を持っています。また、その多くはカナダIP認証制度のもと、特定の品種・形質の大豆を分別管理することも可能です。

カナダの西海岸や東海岸の港の輸出ターミナルは大型船積み込みも可能であり、米国のメキシコ湾岸や南米の港に代わる優れたターミナルとなっています。