加工用大豆

加工用大豆が、最近のカナダの大豆生産の急速な伸びの大部分を占めています。カナダの物流インフラは十分整備されており、この増加する加工用大豆を海外のお客様にお届けする体制が整っています。

技術革新による供給増加

新しい早稲の品種の開発により、農家は従来のプレミアム食用大豆の生産に加えて、加工用大豆の生産を増やしています。加工用大豆の作付面積は2008年から2014年にかけて80%増加しました。

この急速な生産拡大の結果、カナダは加工用大豆の安定的輸出国となりつつあります。これら加工用大豆は、大豆たん白、植物油、飼料、バイオ燃料、医薬品や様々な工業製品に加工されています。

信頼性の高い物流体制

カナダは近代的な物流インフラが整備されており、大量の大豆を迅速かつ効率よく安定的に供給することができます。

世界で有数の穀物生産国として、カナダは何百もの大型エレベータ・内陸ターミナルを有し、これらが、カナダの西海岸や東海岸の大規模輸出港と鉄道や道路でつながっています。

穀物会社や輸出会社はこれら物流網の改善・拡張のため常に投資を行い、大豆の輸出の拡大に備えています。

継続的改善

カナダは加工用大豆の生産拡大に重点的に取り組んでいます。活発な作物研究セクターが、海外のお客様の意見に耳を傾けながら、変化する製品ニーズに応え、寒冷気候特有の高タンパク含量などの特徴を活かした品種の開発に取り組んでいます。


詳しく見る
製品情報
収穫・輸出品質報告書

連絡する
供給業者から連絡してもらう
会員リストを検索する