IP ハンドリング

これまで30年間、カナダは、完全統合型IPシステムに多額の投資を行い、お客様に確実に正しい製品をお届けできるよう取り組んできました。カナダのIP大豆は、お客様の仕様に従って生産され、注意深く分別し、種子から輸出まで、生産・流通のあらゆる段階で徹底的に管理されています。

世界で最も統合された品質・純度管理体制

カナダIP認証制度 (CIPRS) は、カナダ穀物委員会 (CGC)と大豆業界が密接に連携し、各国のお客様と相談しながら作り上げてきた自主的制度です。CIPRSの長所は、大豆業界のあらゆる関係者がコミットしていること、そして、高い評価を得ているCGCが主導・監督していることにあります。

IP大豆の生産・納品は、輸出会社が管理しています。輸出会社が、品種、品質あるいは高タンパク・高糖分・イソフラボン含有量などの仕様を指定した大豆納品契約をお客様と交わします。そして、輸出会社はこの仕様を満たす大豆の栽培契約を農家と交わします。

その後、IP大豆は、農場から穀物エレベータ、そして港にいたるまで、生産と流通の各段階において、徹底的に分別・管理・モニターされます。

カナダ穀物委員会による品質保証

CGCは、確実に契約通りの大豆が納品されるよう、エレベータ・輸送業者・お客様と密接に連携します。これらの契約においては、国際的に評価の高いカナダの等級制度の厳しい基準を更に上回る厳しい条件が指定されることがよくあります。

以下の三段階からなる体制で、高品質を保証しています。

  • 顧客の仕様を特定し満たすために輸出会社のIPシステムが満たさなければならない食品安全・品質管理要件をCGCが規定する。
  • CGCが、これらIPシステムを監査する第三者監査会社を認定する。
  • この監査に合格した輸出会社に認証証明書が発行される。この証明書は、当該会社がIPプロセスを確実に実行し、食品の安全リスクを緩和し、CGCの規定した食品安全要件とIP品質管理基準を満たしていることを証明するものです。

このようにして、カナダのIPシステムでは、生産農家や使われた種子にいたるまで、完全で信頼性の高いトレーサビリティが確保されています。CIPRSはまた、ISOの定める品質管理システムなど、他の品質管理システムとも問題なく併用できます。

詳しくはカナダ穀物委員会のCIPRSウエブサイトをご覧下さい。


各段階で徹底管理

IP大豆用の種子は、品種の純度を確保し、カナダIP認証制度 (CIPRS) の適用資格を得るために、認定を受けた種子の使用が義務付けられています。IP大豆は、認定種子生産者までトレース可能でなければなりません。

播種の際、生産農家は農機具を徹底的に洗浄し、IP大豆用の圃場に他の種子が混入することを防いでいます。

生育シーズンを通して、IP大豆作物は穀物エレベータの規定に従って栽培管理され、農家と頻繁に連絡を取ることにより、これら規定が確実に満たされていることを確認しています。

専門家がIP圃場を数回訪問し、害虫や雑草のチェックを行います。農家は各チェック後報告書を受け取り、その報告書を参考にIP大豆作物の管理を行い、最高品質のIP大豆を育てています。

農家は、圃場の地図・認定種子のタグ・請求書・農薬散布記録など、IP大豆栽培の正確な記録文書を保管するよう義務付けられています。

収穫の際には、農家はコンバイン・スクリューコンベーヤ・トラック・荷台・サイロを徹底的に洗浄し、IP大豆以外の種子の混入を防ぎます。農家は、収穫したIP大豆の純度を保つために、品種や仕様に従って別々のサイロに保管します。

理想的な条件下では、大豆は含水率14%で収穫されます。種子の染色を避けるために、大豆の茎や雑草が完全に乾燥してから収穫を行います。

エレベータでは、農家が搬入したIP大豆は、積み下ろしの前にサンプル採取を行い、純度と品質を分析します。分析結果に基づき適切なサイロに保管することにより、純度と品質を維持しています。

 

第三者機関が試験・分析を各段階で行い、ベストプラクティスが実行され、厳しい基準が満たされているかを確認することが義務付けられています。穀物会社は、これら各段階で行われたことを全て、CIPRS品質管理システムの一環として、記録し・文書保管を行います。CIPRS品質管理システムは、訓練を受け・監査機関として認定された第三者監査機関が毎年監査します。

港では、積み込みの前に船の洗浄が行われます。IP大豆は、徹底的に検査を行い、健全で食用大豆を運ぶのに適したものであることを確認したコンテナで出荷されます。